トップページへ
 当該のページは、 0016266番目 (2001/05/20~) 更新日(2011/08/01) 『 kiho-P043
 全体のページは、 1749884番目 (1997/04/01~)



縁絆通信 

(えんばん つうしん)


浄土真宗本願寺派僧侶・音楽家:
      蓮向寺住職: 北條 不可思 (ほうじょう ふかし)


ennban e-mail communication として非定期に発行している
「コンサート」や「法話音楽講演」、「記念音楽講演」の
状況やスケジュールなどの情報を、ご連絡するページです。


輝峰(きほう)のホームページのスペースの関係上、最新版を優先掲載し、
約1年以上前のものは順に割愛(削除)していきます。



******************************

1.北條不可思オフィシャルサイト

http://fukashihojo.com/


2.北條不可思ブログ #3

北條不可思Song&BowzuManWatch&Thinking FUKASHIHOJO.COM#3

http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/


3.北條不可思ブログ #2

FUKASHIHOJO.COM #2 愚螺牛・言の葉
北條不可思【歌うお坊さん/浄土真宗本願寺派僧侶シンガーソングライター】

http://blog.goo.ne.jp/fukajion/e/c73d8a7a5f14d872998af148f14952d4



最新の情報は上記ページでご確認くださいませ。


******************************

最近の上記の一部の状況を文字ベースで下記のごとく、ご紹介させて頂きます。追記:2011/08/01 

******************************

****↓引用 ************

ENBAN・縁絆 緊急報告とお知らせ  2011/07/29

真の「縁」と「絆」の主人公 北條慈音(ほうじょうじおん)満16歳が、7月21日に 北里大学病院(相模原市南区)に救急搬送、救急救命治療のおかげで、当病院小児科集中治療室(PICU)に入院中。http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-229.html

重度体幹機能のハンディをもって生まれ、眞の縁と絆を体現しつづける北條慈音が、7月21日、午後の食事中に喉を詰まらせてしまいました。

両親、北條不可思・里恵も必死で人工呼吸をし、119番連絡をしました。

救急救命で駆け付けて下さった救命士の方々、受け入れて下さった北里大学病院の救急救命治療のおかげで、1時間以上の心肺停止の状態でありながら、命を取りとめ当病院小児科集中治療室に入院中でございます。

現実は厳しく意識レベルの回復は望めません。

北條不可思・里恵は、救急救命には心から深く感謝いたしております。しかし、延命治療は望んでおりません。北條慈音に教えられたことは、語り尽くせないほどですが、この事実を受けとめさせて頂きつつ、ENBAN縁絆メッセージ活動をより深く進めさせて頂きたいと存じます。

ENBAN・縁絆の主人公

北條慈音の父と母

北條不可思・里恵 拝


【面会について】面会時間午後3時30分~7時00分:時間厳守をお願いします。

現在、北里大学病院小児科集中治療室に入院という事情から、病室には両親以外は入れませんが、廊下窓より姿を見ることはできます。

顔を見なければ真の縁、眞の絆にならないということはありません。

もし、諸般のご都合が整えば、誕生から16年余り、重い荷物を背負いながらも、本人らしく生き抜いた慈音を見舞って下さい。

北里大学病院1階 面会者総合受付にて手続き:3C病棟の北條慈音の面会と告げて下さい。

3C病棟の受付に面会用紙を提出。面会希望を告げ指示に従ってください。

北里大学病院:神奈川県相模原市南区北里1-15-1 電話042(778)8111

****↑引用 ************

2011/07/31-17:00 頃、輝峰(きほう)もお見舞いに行かさせて頂きました。南無阿彌陀佛 合掌



******************************
******************************



******************************

上記、「北條不可思ブログ No.3 」の最近の一部の状況を文字ベースでご紹介させて頂きます
2010/09/18-13:08
(原文のものを文字フォント、サイズなど調整して掲載しています)



******************************

September 17, 2010

眞信山蓮向寺 前坊守 北條暢子(紫響院釋如月) 往生

眞信山蓮向寺 

前坊守 北條暢子(紫響院釋如月) 往生




北條不可思の実母

北條暢子が、2010年平成22年9月17日

現坊守 北條里恵の1時間に渡る 

響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】を聞き

往生の素懐を遂げました。

「悲しみも喜びも南無阿弥陀佛の慈悲の中」

MAMO-MAMIDABUTSU

北條不可思:釋難思



以下3曲母に捧ぐ

響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】

心の轍(C)北條不可思(2009)FUKASHI HOJO&CanoBand

朧月夜と流れ雲:official take 2010:北條不可思


《Please click》→名も無き念仏の僧侶


Last updated September 18, 2010 09:49:46 AM



******************************

September 14, 2010

北條不可思プレゼンツ/縁絆メッセージアクト2010 レポート#2

「心の瞳」 

詩・曲 北條不可思

《2010年7月入院先・北里研究所病院にて書く》

心の瞳を開けば 
孤独ではない
心の瞳を開けば 
ひとりぼっちじゃない
友よ 歩いてゆこう 
果てしない道を
友よ 歩いてゆこう 
心の旅を
夢は幻とわかったとしても
夢が正夢に変わると信じて
心の瞳を開けば 
孤独ではない
心の瞳を開けば 
ひとりぼっちじゃない
友よ 歩いてゆこう 
上りの坂を
友よ 歩いてゆこう 
下りの坂を
友よ 歩いてゆこう 
真坂の坂を
友よ 歩いてゆこう 
終わりなき道を
友よ 歩いてゆこう 
真実の道を

Copyright © 2010
Special JION Music

謹みて

残暑厳しき折

縁絆メッセージアクト2010に

遠近各地より お出かけいただき

深謝の意 尽くせません。

心より御礼申し上げます。

ご来場の皆さま、都合がつかなかった方々

その心と行動に敬意と親愛を、胸に刻んでおります。

「おかげさまでありがとう」



北條不可思 拝

2011年の「ENBAN:縁絆コンサート エンドレスツアー」「「メッセージアクト」の

予定はありません。《浄土真宗宗祖 親鸞聖人750回大遠忌に為》

2012年以降で、国内、海外(パリ:フランス)を計画中です。

なお、CD作品のレコーディングは2010年11月より

12作目「PRIDE&PROUDLY  誇りと驕り」(発表日未定」の制作に入ります。

OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS


--------------------------------------------------------------------------------


「ごあいさつにかえて」

謹みて
 昨年9月にグリーンホールの使用許可が確定してから、ずっと縁絆コンサートの準備を進めてきました。当日発表するCDのレコーディングも、DVDの撮影も順調に進み、参加して下さる方々とリハーサルの日程を相談しながら、18曲のプログラムも決めました。
 今思えば、それはまるで交通事故のように突然我が身にふりかかってきました。7月9日の夜、宿泊先のホテルで経験したことのないめまいに襲われ、救急搬送で病院へ運ばれました。翌朝の検査で小脳に梗塞が起きていることは、医師から直接伝えられましたが、その後、血圧が248まで上がっていたとか、心原性の梗塞だったとか、出血性脳塞栓症から脳浮腫が強まり呼吸停止の恐れなどの生存の危険要素がいくつかあったということは、8日間のICUでの治療が終わってから、担当医や家族から聞かされました。
 意識や思考が保たれている状態で、寝返りさえ禁じられて24時間消灯のない管理下に置かれるというのは、治療の必要性という大前提を理解していても厳しいものでした。それを支えてくれたのが、妻が伝えてくれた息子・慈音の言葉です。
   ボクノオジイチャンガ、ヨクイッテイタ。
          シンガンヲヒライタラ、ヒトリジャナイ。
 身障手帳1級を持つ息子が文字盤で語る姿を思い、父の存命中に孫に伝えた真意を思い、【ヒトリジャナイ】に込められた深い意味に思いをめぐらせて時を過ごしました。
 入院直後に嚥下機能が止まり、唾液さえ飲み込めなくなったけれど、それでも、9月11日の開催を一度も諦めませんでした。中止を敢行しようとした妻を思いとどめてくれた人に感謝しています。
 一般病棟に戻れた時には、まだギターを弾けるのか、歌えるのかさえ皆目見当はつきませんでしたが、出来れば1曲歌いたいと願い、当日のプログラムもほぼ確定していました。たとえ自分がステージに立てなくても、『縁絆』に関わってくださる方々の思いを結実させたかったのです。サポート参加を引き受けてくれていた大由鬼山さんと牧千恵子さんが、ソリストとしてステージを引き受けてくださり、『縁絆』のニューバージョンをお披露目出来ることになりました。
 入院生活の中で、初めて唾液を呑み込めた驚きにも似た感激と、ギターが弾けた静かなる興奮は忘れ難い経験です。筋肉が落ち、歩行困難なうえに平衡感覚がずれてめまいが断続的に続いていても、自分の身体にときめく程の喜びがありました。
 まだまだ私のリハビリ生活は続きますが、多くの方々に支えられ今日のこのステージを迎えられたことは、大きな勇気となります。
 感謝の言葉に尽くせませんが、ただただ有り難いばかりです。
 本日は、ようこそ御来場下さいました。
          Song & BowzuMan 北條不可思 拝




2011年の「ENBAN:縁絆コンサート エンドレスツアー」「「メッセージアクト」の

予定はありません。《浄土真宗宗祖 親鸞聖人750回大遠忌に為》

2012年以降で、国内、海外(パリ:フランス)を計画中です。

なお、CD作品のレコーディングは2010年11月より

12作目「PRIDE&PROUDLY  誇りと驕り」(発表日未定」の制作に入ります。

OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS


Fantasia Records de JION MusicFactory




北條不可思プレゼンツ/縁絆メッセージアクト2010:9月11日開催 御礼


謹みて

残暑厳しき折

縁絆メッセージアクト2010に

遠近各地より お出かけいただき

深謝の意 尽くせません。

心より御礼申し上げます。

ご来場の皆さま、都合がつかなかった方々

その心と行動に敬意と親愛を、胸に刻んでおります。

「おかげさまでありがとう」



北條不可思 拝

2011年の「ENBAN:縁絆コンサート エンドレスツアー」「「メッセージアクト」の

予定はありません。《浄土真宗宗祖 親鸞聖人750回大遠忌に為》

2012年以降で、国内、海外(パリ:フランス)を計画中です。

なお、CD作品のレコーディングは2010年11月より

12作目「PRIDE&PROUDLY  誇りと驕り」(発表日未定」の制作に入ります。

OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS



Last updated September 14, 2010 2:53:12 PM


September 12, 2010


***************************************************

輝峰(きほう)注記:2010/09/18:

縁絆メッセージアクト2010」 (2010/09/11)

の参加時の様子です。ご参考までに。

******************************

******************************

2010/08/10 

(原文のものを文字フォント、サイズなど調整して掲載しています)


----- Original Message -----
From: Fukashi Hojo
To: Undisclosed-Recipient:;
Sent: Tuesday, August 10, 2010 10:37 PM
Subject: FROM 【 北條不可思】 縁絆通信 ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS(緊急報告)

ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS(緊急報告)

謹みて

愚生、7月9日小脳の梗塞で緊急入院しました。
ICU (8日間)の時には血圧248【250が致死レベル】だったそうですが、おかげさまで、昨日退院帰宅しました。

平均感覚、温痛感覚、複視の後遺症は残りましたが、時間が薬のようです。
聞く、語る、歌う、書く、弾くなどは以前のままです。
体調は、入院前の30%ぐらいですが、どうやら続けていけそうです。
9月11日の「縁絆コンサート・エンドレスツアー」はCANO BAND、ゲストのお力を頂き縁絆メッセージアクト2010」として開催します。
愚生は、入院中に生まれた曲「心の瞳」を含め、2曲を歌うよう仕度しております。

猛暑は続きます。

ご自愛念じ申し上げます。

北條不可思 拝

******
北條不可思公式ホームページ

FUKASHIHOJO.COM

http://fukashihojo.com/

オフィス・アミタハウス

OfficeAmitahouse

VOW BREATH PRODUCTIONS



******************************

この期間のコンテンツは、ページの関係上、割愛させて頂きました。

***************************************************


2007/12/28 

(写真は原文のものをサイズを調整して掲載しています)






Song&BowzuMan*Fukashi Hojo ShakuNanshi*
ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS
北條不可思<釋難思>縁絆通信
 
*December 27, 2007発信*

*copyrigft2007Fukashi Hojo+OfficeAmitaHouse*

JION MUSIC FACTORY

--------------------------------------------------------------------------------

MASSEGE from FUKASHI HOJO&AMITAHOUSE

--------------------------------------------------------------------------------

謹みて

いよいよ今年もあとわずかとなりました。
皆さまにとりましては、どのような一年であられましたでしょうか。
私どもは、自坊法務と慈音との日暮を中心にしつつ、
約一年をかけて新作のCDアルバムの制作をカノバンドのメンバーと
進めさせていただき、おかげさまで12月中旬にCDは完成いたしました。
年明けには、下記の通り,新作CD発表も兼ねて
「縁絆コンサート」ニューイヤースペシャルを開催させて頂きます。
ご縁がございましたら、お出かけくださいませ。

あいも変わらず、「縁」と「絆」
「命の尊厳」と「心の平安」といったシリアスで
誰も振り向かないようなテーマとモチーフで
音楽表現活動を進めておりますが、どうにもならぬ愚生の業であります。
「歩めるところまで、力が尽きるまで、歩んでみよう」
といった心持ちの年の瀬であります。

・・・
皆さまそれぞれのお立場で、人生を深め、進めておられる事と拝察いたします。
どうぞ、ご自愛の程にて、年末年始をすこやかにお過ごしくださいませ。

―慈慧の響きと平安を―


北條不可思 拝

--------------------------------------------------------------------------------

東京ボーズコレクション参加☆From Song&BowzuMan

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------

-心に慈慧の響きと平安を-

縁絆コンサート エンドレスツアー2008
ENBAN Concert EndlessTour2008《since 1996》
NEW YEAR SPECIAL

NEW CD ALUBUM“Beyond the Line”Official Release

ニューイヤースペシャル開催

新作CDアルバム「Beyond the Line/境界線の向こう側」発表

日程/2008年1月5日土曜日  

会場/グリーンホール相模大野 (Multipurpose hall)
http://www.hall-net.or.jp/shisetsu/green/shisetsu/index.html

開場/17:00 入場料/無料 全席自由

『縁絆コンサート』は、"縁絆"ENBAN Support association「不可思の会」を中心に、

日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、

様々な形の支援と協賛を得て、

スタートから一貫して入場無料のスタイルで開催が継続されています。


★縁絆コンサートは年1回を基本として開催しております。

開催地によっては、ご来場に際し、遠距離となってしまいます。

誠に心苦しく存じますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。



SETLIST(演奏予定曲)

1. 咲けよ、花びらの散る頃に(FUKASHI HOJO&CanoBand)
2 橋の袂の見張り番(FUKASHI HOJO&CanoBand)
3. 「IMAGINE/イマジン」より(金田賢一) (イマジン愚螺牛訳朗読)
4.IMAGINE/イマジン(梶谷正治+FUKASHI HOJO&CanoBand)
5 カナリヤ/(尺八奏者・大由鬼山+FUKASHI HOJO&CanoBand)
6.テネシーワルツ (生田敬太郎+FUKASHI HOJO&CanoBand)
7. Come Together(ALL GUEST+CANO BAND)

8. さよならの詩が聴こえる(FUKASHI HOJO&CanoBand)
9.おかげさまでありがとう (FUKASHI HOJO&CanoBand)

********BREAK&SMOKING TIME*******

10. ダヴィンチの憂鬱 FUKASHI HOJO&CanoBand
11. 遊牛の詩の為の寓話-朗読-(金田賢一  with Pianississimo )
12. 遊牛の詩(FUKASHI HOJO&CanoBand)
13.More Auction Block+BLOWIN' IN THE WIND
/ノーモア オークション ブロック+風に吹かれて・ボブ ディラン(FUKASHI HOJO&CanoBand)

14. 悲しみを乗り越えて(FUKASHI HOJO&CanoBand)
15. Beyond the Line/境界線の向こう側(FUKASHI HOJO&CanoBand)
16.
FOREVER YOUNG(dylan)+KOKAI NO HATENI
/フォーエヴァーヤング+航海の果てに(FUKASHI HOJO&CanoBand)

17.BLUES FOR BUDDHA/大悲の詩 (FUKASHI HOJO&CANO BAND)
18.恥かき小僧の子守歌(FUKASHI HOJO&CanoBand)

--------------------------------------------------------------------------------


新作『Beyond the LINE/境界線の向こう側』

ARTIST VERSIONのオリジナルCDアルバムとしては、

『Seriousness & Dignity/真剣と尊厳』[2001]発表から6年を経て、新作のレコーディング。

レコーディングリストには、ホロコーストを主題にした「Beyond The LINE/境界線の向こう側」、

2001年9.11米国同時多発テロを歌った「悲しみを乗り越えて」

(2002年縁絆コンサート・広島公演/原爆資料館メモリアルホールで歌い、2004年縁絆・ニューヨーク公演で公式発表)、

団塊の世代に贈る「さよならの詩が聴こえる」など7曲を収録予定。

参加ミュージシャンは、CANO BANDのメンバーBass -Yoichi Fujisaki(藤崎羊一)

Drums-Shoichiro Aso (麻生祥一郎)Keyboards-Yusuke Nakagawa(中川雄介)を中心にレコーディング。



cover pohoto/ Copyright (C) LOUIS Changchien NEW YORK 

Beyond The Line/ 境界線(死線)の向こう側

レコーディングリスト

(Prologue)Bell and pulse of dignity/尊厳の鐘と鼓動
悲しい雨 愚かな傘
さよならの詩が聴こえる
悲しみを乗り越えて
Beyond The LINE/境界線の向こう側
EMPTY DREAM/儚い夢
橋の袂の見張り番
咲けよ、花びらの散る頃に

Beyond The Line  Limited edition

MUSICIAN

FUKASHI  HOJO/  VOCALS,GUITAR,
SHAKU NANSHI/  HARMONICA
JION HOJO/ BELLS
YOICHI  FUJISAKI/ WOODBASS
SHOICHIRO/  ASO DRUMS,PERCUSSION
YUSUKE  NAKAGAWA/ KEYBOARDS


SOUND ENGINEERED BY SUN ASHOW
Art Design     SATOKOTOBUKI
ALL SONGS WRITTEN BY FUKASHI HOJO
Copyright special join music 2007
Coverphoto LOUIS CHANGCHIEN NEW YORK
(ENBAN CONCERT 1999 NEW YORK CITY) 
Recording place AmitaHouseMain temple studio
fukashihojo.com
JION MUSIC FACTORY

PRODUCED BY GURAGYU

Copyright Special JION Music 2007-2008

--------------------------------------------------------------------------------

Album information

(新作)「Beyond The Line/ 境界線(死線)の向こう側」

「縁絆ヒストリー/アライブ・ザ・ライブ」
≪1996年(東京)から2004年(京都)までの縁絆コンサートをまとめたライブ盤≫

新作CDアルバム「VowSongs-眞信讃歌Ⅱ-」

各定価3,150円(税抜価格3,000円)


CD購入申し込みについて

お名前、ご住所、お電話番号、ご購入枚数をお知らせ下さい。

オフィス・アミタハウス(北條不可思事務所)
e-mail amitahouse@jcom.home.ne.jp FAX042.777.3013 

特別販売協力
西本願寺ブックセンターTEL 075-371-5181<西本願寺・代表番号> 
丸西/東京・築地本願寺店、電話03.3541.6618/京都・西本願寺前店、電話075.361.1882

(注)一般CD販売店等では販売しておりません。


北條不可思楽曲ダウンロード⇒ ★★北條不可思・作品ダウンロード
--------------------------------------------------------------------------------

MASSEGE THEME (縁絆ENBAN)
尊厳ある命の証を信じ、不可思議なる縁を眞の絆に
命の尊厳とは、人間の尊厳といった限定されたものではない

   



OfficeAmitaHouse



--------------------------------------------------------------------------------

OfficeAmitaHouse/863-30KubuinTaimaSagamiharashi KANAGAWAKEN229-0016JAPAN

phone+81(0)42-777-3012 fax+81(0)42-777-3013 e-mail amitahouse@jcom.home.ne.jp
オフィスアミタハウス[北條不可思事務所]229-0016神奈川県相模原市当麻九坊院863-30蓮向寺内
                       (電話/042-777-3012) (ファックス/042-777-3013)





--------------------------------------------------------------------------------
これより古いコンテンツは、ページの関係上、割愛させて頂きました。
ご要り用の方は、輝峰(きほう)までご連絡頂ければ幸甚です。
--------------------------------------------------------------------------------

******************************

以上

 よろしければ、ご感想、メールなど  トップページに戻る