トップページへ
 当該のページは、 0014741番目 (2009/04/23~) 更新日(2011/07/23) 『 kiho-P128
 全体のページは、 1487117番目 (1997/04/01~)


倶會一處、倶会一処、(くえいっしょ)

出典:仏説阿弥陀経: 

下記引用:
書籍の中の、原典、送り仮名部分:No.12 P069-L07。 訳文、語釈部分:No.10 P124-L07。

   仏説阿弥陀経: 
原典
送り仮名
又舎利弗、極楽国土、衆生生者、皆是阿鞞跋致。
 其中多有一生補処、其数甚多。
 非是算数所能知之。
 但可以無量無辺阿僧祇劫説。
 舎利弗衆生聞者、応当発願願生彼国。
 所以者何、得与如是諸上善人倶会一処。 

 又舎利弗、極楽国土ニハ、衆生生ズル者、皆是阿鞞跋致(あびばっち)ナリ
 其
一生補処(いっしょうふしょ)ノモノ 、其数甚
 非
算数(さんじゅ)
 但可
無量無辺阿僧祇(あそうぎ)
 舎利弗、衆生、聞
カン 、応発願シテ 一 レ ゼント
 所以(ゆゑ)
者何 、得レバナリ(と)上善人(じょうぜんにん)スルコトヲ一処 
訳文  また舎利弗、極楽国土には、衆生生ずるものはみなこれ阿鞞跋致(あびばっち)なり。
 そのなかに多く一生補処(いっしょうふしょ)〔の菩薩〕あり。その数はなはだ多し。
 これ算数(さんじゅ)のよくこれを知るところにあらず。
 ただ無量無辺阿僧祇劫(あそうぎ)をもつて説くべし。
 舎利弗(しゃりほつ)、衆生(しゅじょう)、聞かんもの、まさに発願してかの国に生ぜんと願ふべし。
 ゆゑはいかん。かくのごときの諸上善人(じょうぜんにん)と、倶(とも)に一処(極楽浄土)に会(え)することを得(う)ればなり。 
語釈  *阿鞞跋致(あびばっち):不退転。
 *一生補処(いっしょうふしょ):菩薩としての最高位。次の生(しょう)で仏となることができる位。
 *阿僧祇劫(あそうぎ):数えることが出来ないの意味。
 *舎利弗(しゃりほつ):釈尊の十大弟子のひとり。智慧第一。
 *衆生(しゅじょう):生きとし生ける者。
 *聞かんもの:極楽国土、及び阿弥陀仏と聖衆(しょうじゅ)のことを聞くもの。
 *上善人(じょうぜんにん):菩薩などの聖者 


                                                    以上

 よろしければ、ご感想、メールなど  トップページに戻る